セフレとのトラブル

セフレのトラブル

男であれば「セフレが欲しい」と思うのは当然のこと。

都合がいいときにセックスさせてくれる女性は、まさに男の夢ですよね。

でもここで注意したいのが“誰をターゲットにするか”ということ。

セフレの良いところは、プライベートには一切関わらず、欲求だけを満たせるところです。

しかし面倒くさい相手をセフレにしたら、こちらのプライベートを壊されることだってあるわけです。

世の中には性格に問題があるとんでもない女もいますからね。

しかも、そういったおかしな女の方が”すぐやれたりする”のでタチが悪いです。

セフレを作るなら、トラブルに巻き込まれないためにも相手の選定は大切ですよ。

「このタイプの女だけはやめておいた方がいい」という事例を紹介するので、ターゲットを選ぶときの参考にしてください。

セフレにしやすい女の代表“メンヘラ”はトラブルの元でもある

ナンパ師の中で「最もセフレにしやすい女はメンヘラ」と言われるほど、メンヘラはセフレにするのに格好の相手です。

実際、メンヘラとセックスするのは難しいことではありません。

「女とセックスしたかったら、まずは出会い系でメンヘラを探せ」と言う人もいるぐらいです。

 

私もワンチャンを狙うならメンヘラはうってつけの相手だと思います。

他人に依存しやすいかまってちゃんの傾向があるので、すぐにヤラせてくれます。

 

しかし狙うのはあくまでワンチャン。

 

継続的に付き合うのはあまりお勧めしません。

 

すぐにやらせてくれるメンヘラは、確かに男からすると大変都合が良い存在です。

でも扱い方を間違うと非常に危険なんです。

独占欲が異常に強い

メンヘラはメンタルが弱く、誰かにかまってもらうことで精神を安定させています。

そのため独占欲がとても強く、束縛も激しいです。

 

最初のうちは体の関係で満足していても、そのうち「私だけを見ていてほしい」という感情が強くなっていくんです。

そうなるとプライベートにまで口を出すようになってきます。

 

こっちは「セックスしたいときだけ会えばいい」と思っていたのに

「今度はいつ会えるの?」

「昨日は誰といたの?」

「会ってくれなきゃ死ぬ」

という具合に、日が経つにつれ体の関係だけでは満足できなくなったメンヘラから、鬼のように連絡が来るようになります。

 

これがもっとひどくなっていくと、その行く先は“ストーカー化”です。

粘着されて日常的に付きまとわれるハメになります

あまり深い関係になりすぎると、都合のいい女どころか、手痛いしっぺ返しをくらうというわけです。

行動が普通じゃない

メンヘラは情緒が不安定で、おかしな行動も目立ちます。

さっきまでケラケラ笑っていたかと思うと、次の瞬間にギャン泣きしていたりします。

 

なのでいっしょに居ると非常に疲れるんですよね。

突拍子もない行動に振り回されて、神経が磨り減らされます。

 

セックスするだけのゆるい関係だったらいいんですけど、付き合いが長くなるとワガママも増えてきてマジで疲れます。

「今すぐ会いたい」

「すぐ来てほしい」

「来てくれなきゃ死ぬ」

ことあるごとに死ぬ死ぬ言ってきます。

とてもじゃないですが、まともに相手なんてしてられませんよ。

 

セックスさせてくれる代償だと思えればいいですが、メンヘラに合わせるのは本当に疲れます。

プライベートまで付き合うべき相手ではありません。

付かず離れずの関係がちょうどいい

メンヘラはすぐにヤレるという利点がありますが、関係が深くなると振り回されてプライベートにも影響を及ぼします。

なので、セフレにするにしても短期間で終わらせましょう。

もしくは最初から頻繁に会わずに、仲良くなり過ぎないことです。

 

付かず離れずの関係。

 

それがメンヘラと上手く付き合うコツです。

未成年をセフレにするのはリスクが高い

男は「女子高生」という言葉に弱いですよね。

あどけなさと大人の部分を持ちわせているその姿は、男性の欲望を十分にそそります。

 

特に私は学生時代に女からまったく相手にされなかったので、若い女性と一緒にいると青春時代を取り戻したかのような気持ちになって、とても興奮します。

同じように、女子高生の姿に性的興奮を覚える男性は多いんじゃないでしょうか。

 

とは言え未成年をセフレにするのはリスクが高いので止めてください。

手を出してはいけないというより、普通に条例に引っかかるので警察のお世話になってしまう可能性があります。

未成年に手を出すと、下手すれば人生が終わる

今はSNSの普及によって、未成年とつながるのも簡単になりました。

普段の生活の中では絶対に会うことがない女子高生とも、ネットを使えばすぐにつながることができます。

 

「SNSで知り合った10代の子とセックスするぞ」と息巻いている人もいるかもしれませんが、その願望は抑えておいた方が得策です。

恋愛に年齢は関係ないと言いますが、相手の出方次第ではあなたの人生は簡単に終わりますよ。

 

たまに未成年に手を出して引退に迫られた芸能人がニュースになったりしますよね。

あなたも下手すれば職を失い、破滅の道を歩むことになります。

 

未成年をセフレにするのはトラブルの元。

とてもリスキーです。

美人局の危険性がある

ひょんなことからSNSで仲良くなった女子高生と遊ぶことになったとします。

「やったぜ!女子高生ウェーイ!」なんて言いながら待ち合わせの場所へ行くと、そこには怖いお兄さんたちが...

 

このように女子高生をネタに男をおびき寄せて恐喝を行う事件は少なくありません。

俗に言う”美人局”というやつですが、SNSではこのような恐喝事件が本当にあるんです。

 

オッサンになると10代の女の子とヤレるチャンスはないですからね。

そんな誘惑に負けて、ホイホイ姿を見せたところにガブリとやってくるわけです。

 

未成年には条例以外にもこのようなリスクがあるんです。

安易に手を出すものじゃありません。

若い女の子とセックスしたければ風俗へ

若い女の子とセックスがしたい気持ちは分らなくもありません。

正直、私もリスクさえなければ女子高生としたいです。

 

しかし女子高生をセフレにするのは現実的じゃないので、どうしても若いことセックスしたければ風俗へ行きましょう。

リアル女子高生はいませんが、イメクラなどへ行けば高校生に扮した“なんちゃって女子高生”ならいます。

本物は諦めて、ここは偽物で手を打っておきましょう。

女友達はセフレにしやすいがトラブルにもなりやすい

セフレの関係に発展する最も一般的な間柄の一つに“女友達”があります。

何かの拍子にセックスしてしまって、その後もズルズルと体の関係を続けてしまうことは、割とよくあることです。

 

しかし、もしあなたにそういったセフレ候補がいるのなら、手を出さない方が無難です。

セフレ選びの鉄則は“身近な人間には手を出さない事”です。

 

都合がいいときにだけ会えばいいのがメリットなのに、友人・知人が相手となるとそうはいきません。

その後の人間関係のことも考えないといけないので、適当に扱うわけにもいかず、結局、振り回されてしまうことになります。

変な別れ方をすれば恨みも買いますしね。

 

相手との距離が近い分、変なウワサが立てばあなたの評価はガタ落ちです。

あっという間に周囲は敵だらけ、見方は誰もいない、なんてふうになりかねませんよ。

 

最初のうちは新鮮さがあるので、セフレの付き合いが楽しく思えるかもしれません。

でも、後々から人間関係がややこしくなっていくのが女友達のネックです。

職場の女性は絶対にセフレにしてはいけない

社会人に「恋人との出会いはどこでしたか?」というアンケートをとると、『職場』は常に上位にランキングされます。

一日の大半を仕事に費やしている社会人にとって、職場の人間は一緒に居る時間が長く、それだけ恋愛に発展しやすいというわけですね。

そして、それと同時にセフレも見つけやすい場所とも言えます。

職場内の不倫関係などもよく聞く話です。

 

仕事関係の人間はセフレにしやすいのは確かですが、相手にするのは絶対に止めた方がいいです。

そりゃ上手くいってるときはいいですよ。

仕事もセックスも充実して、楽しい日々が送れるでしょう。

 

でも問題は関係が崩れ出しときです。

雰囲気の悪い中で仕事をするのは、本当に最悪ですよ。

下手すれば業務上のトラブルに発展して、失業することにもなりかねません。

まぁ、それは最悪のケースですが、社内の信用を失うのは確実でしょう。

人生を左右するので、トラブルになりかねない職場の女性はセフレにするべきではありません。

トラブルに巻き込まれないためには

据え膳食わぬは男の恥

近くにすぐヤレそうな女がいたら、つい手にかけたくなる気持ちは分ります。

でもそこは一度落ち着いて、セフレにすべき相手かどうかを考えましょう。

  • 後から面倒なトラブルに巻き込まれないか
  • 割り切った関係を継続できそうか

その辺りをしっかりと考えてターゲットを決めるようにしましょう。

プライベートに影響のない相手を選ぶ

セフレ選びの鉄則は、身近な人間には手を出さないことです。

友人、知人、職場の人間に手を出せば、下手を打ったときのダメージが大きいからです。

 

ターゲットにするなら普段の人間関係とは一切関係のない相手にしましょう。

 

「近くがダメならどこで見つけたらいいの?」と思うかもしれませんが、ネットを使えば簡単です。

今ではSNSを通じて知らない人と友達になることも珍しくないので、意外とすぐに見つかります。

 

手っ取り早く、出会い系サイトを使うという手もありますしね。

ネットを使えばセフレを見つけることも難しいことではありません。

セフレには身分を明かさない方がいい

ナンパや出会い系サイトで知り合うとすれば、最初はお互いのことを知らない者同士からのスタートということになります。

相手はあなたの素性は知らないし、あなたも相手の素性を知りません。

 

真剣なお付き合いを考えているなら話は別ですが、最初からセフレ目的ならあなたの個人情報は明かさない方がいいです。

ヤリ捨てしたのを恨まれて、付きまとわれでもしたら大変ですからね。

 

住所などがバレいれば、簡単に関係を切ることができません。

後々のことを考えて、フルネームや住んでいるところなどは特定されないようにしておきましょう。

今はセフレを作りやすい世の中になっている

セフレと言うと、ちょっと前まではナンパが得意なイケメンしか作れないイメージがありました。

でも出会い系サイトなどのサービスの普及で、今では簡単に相手を見つけられるようになっています。

 

「セックスする相手が欲しいけど、モテないからなぁ」なんて諦めていてはもったいない。

欲求を満たしたいのなら、どんどん行動していきましょう。