メンヘラは簡単にセフレにできる

メンヘラをセフレに

『メンヘラ』という言葉をご存知ですか?

『メンタルヘルス(心の健康)』が語源となっている言葉で、とんちんかんな言動をとり、精神的な病気を抱えていそうな人のことを指します。

一見、面倒くさそうで関わりたくなさそうなメンヘラですが、付き合う上でのメリットが一つだけあります。

それは「簡単にセックスができる」という点です。

「一番セフレにしやすいタイプ」と言う人もいるぐらいで、女性を口説くスキルが無い人にとって、メンヘラはうってつけの相手。

  • セフレというものを経験してみたい
  • 手軽に口説ける相手を探している

このような人はメンヘラをターゲットにすることも一つの方法です。

メンヘラをセフレにすることのメリット、そしてその特徴についてお話しします。

「セフレにしやすい」と言われるメンヘラの特徴

誰からも「すぐにヤレる」と言われているメンヘラですが、なぜそれほどセフレにしやすいのでしょう?

それはメンヘラが持っている特徴と性格が大きく影響しています。

特徴1.他人に依存している

メンヘラは基本的に寂しがり屋です。

極端な“かまってちゃん”で、いつも他人の気を引こうと必死になっています。

 

よってメンヘラと付き合うと次のような行動が見られます。

  • LINEやメールなどの連絡が頻繁にくる
  • 急に「会いたい」と言ってくる
  • 束縛してくる

このように、いつも誰かと一緒にいたがっていて、一人になれない性格なんです。

精神的に自立できずに、常に誰かに依存している状態なんですね。

なので普通の女性と比べて極端に落としやすいというわけです。

心の隙間を埋めるためにセックスをする

メンヘラは精神的に弱いので、一人でいると情緒が不安定になることが多いです。

そして、そのような精神状態を落ち着かせるために

「誰かに認められたい」

「誰かに必要とされたい」

という気持ちが人一倍強いんです。

 

そんなメンヘラが、手軽に心を埋められる方法と使っているのがセックスなんですね。

男性とセックスしている間は、相手から「認められている」「必要とされている」という気持ちで満たされます。

こういった充実感を味わうためにセックスに走るというわけです。

特徴2.誰からも相手にされていない

メンヘラがとる行動は突拍子もないですから、一緒にいる人は振り回されることが多いです。

なのでほとんどの人は関わるのが面倒くさがって、離れていってしまいます。

そのため、誰よりも一人でいるのが苦手なのに、誰からも相手されないという状況が生まれてしまうんです。

相手の気を引く手段としてセックスを使う

誰からも相手にされない女が、男の気を引くためにはどうすればいいか?

簡単なのは男の下心を利用することです。

 

ぶっちゃけ男はヤラせてくれそうな女に弱いですよね。

あなただって、女に言い寄られて嫌な気はしないでしょう?

むしろ「こいつヤレそう!ラッキー」ぐらいに思うはずです。

 

メンヘラはこのような男の習性を分っています。

その下心を利用して取り入ろうとしてくるんです。

 

早い話がセックスをエサに男の気を引こうとしてくるというわけですね。

このあたりの性格も「セフレにしやすい」と言われる理由です。

メンヘラをセフレにしてメリットはあるのか?

話だけ聞いてると、メンヘラって相手にすると面相くさそうですよね。

  • 自分勝手でワガママ
  • 行動が突拍子もない
  • 束縛がハンパない

ハッキリ言って彼女にはしたくないタイプの女性です。

 

だからこそ、浅い付き合いでいられる“セフレ”の関係がいいというわけです。

彼女としてなら支障があるメンヘラですが、セフレとしてならメリットがたくさんあります。

とにかくすぐヤレる

一番のメリットは「簡単にヤラせてくれる」というところでしょう。

口説きにいくどころか、向こうの方から言い寄ってくるケースさえあります。

 

特に気の弱そうな男性はターゲットにされやすいです。

「この人は私の言うことを聞いてくれそう」と思ったら、露骨に態度に出してきますからね。

メンヘラは自分がコントロールしやすい男性を好みます。

意外とかわいい

メンヘラは、なぜかかわいい子が多いです。

もし、かわいいのに不思議と彼氏ができないという子がいたら、その子はメンヘラの傾向があるかもしれませんよ。

 

やはり行動に問題があるので、ルックスが良いわりには男からモテないんです。

結果的に誰からも相手にされず、フリーであることが多いんです。

 

「簡単にヤラせてくれる女の子がいいけどブスや嫌だ」という人にはピッタリの相手ですね。

性欲が旺盛

メンヘラの女の子はエロいです。

エロい上に性癖が特殊で、ちょっと変わったセックスをする子が多いです。

 

簡単に言うと“変態”というやつです。

キャラになりきったり、シチュエーションにこだわったり、アブノーマルなセックスを好むんです。

 

私が出会ってきたメンヘラも、レイプ願望があったり、青姦をしたがったり、ちょっと普通じゃありませんでした。

人によってはデメリットとも受け取れますが、セフレとして考えるなら変態チックなセックスができるのはメリットと言えますね。

メンヘラとの出会い方

肝心なメンヘラとの出会い方ですが、普通の出会いの中では知り合うことは難しいです。

ではどこで出会うのかというと「ネット」「飲み屋」「バー」の3つです。

これらの場所は普段の生活の中での出会いに比べ、メンヘラの生息率が異常に高いんです。

ネット

メンヘラと出会いたかったらネットを使うのが最も手っ取り早いです。

  • SNS
  • 掲示板
  • 出会い系

これらを使えば、メンヘラを探すことは簡単です。

でもなぜ簡単に見つかるかというと、書いている文章やコメントに強く特徴が出ているので、すぐにメンヘラだと分かるんです。

  • テンション高めの文章
  • 「おはよぅ」みたいにムダな小文字を多用する
  • 顔文字が異常に多い
  • ポエムのような文章を書く

これら特徴が見られたら、結構な高い確率でメンヘラです。

メンヘラと出会いたかったらネットを使いましょう。

飲み屋

スナックやキャバクラなど、水商売系で働く女性にもメンヘラはよくいます。

やっぱり夜の仕事をする子って、価値観が普通の子より変わってることが多いんですね。

 

私も飲み屋で知り合った女の子がメンヘラで、会ったその日にホテルまで行った経験があります。

ただ、そのときのセックスが強烈で、関係を続けるのが怖くてセフレにはせずにそれっきりとなりました。

 

先ほどもちょっと話に出しましたが、レイプ願望があって、嫌がる演技をするからそこを無理やり犯してほしいというのです。

挙句の果てには「入れながら首を絞めて」と言われたので、そこで完全に引きました。

 

ここまで強烈だったら考えものですが、あまり深入りせずに、あくまで客と店員という浅い関係性を続けやすい飲み屋は、メンヘラを探すのにちょうどいい場所です。

ただ、お店に行くたびにお金がかかってしまうのが難点ですね。

バー

バーもメンヘラと遭遇しやすい場所です。

そして狙うは一人飲みしている女性です。

 

こういった女性は寂しくてバーに来ていることが多いんですね。

しかも一緒に飲む友達がいないから一人で来ているんです。

条件的にこのような女性はメンヘラである確率が高いです。

 

ただ、バーで知り合ったメンヘラをセフレにするには、ナンパ的なスキルが必要となってきます。

出会いやすい場所ではありますが、女性慣れしていない男性には不向きかもしれません。

メンヘラと付き合うときの注意点

メンヘラを落とすのは簡単だと言われますが、それでも多少のテクニックは必要です。

また深入りしすぎても面倒なことに巻き込まれかねないので、距離感にも気を付けないといけません。

メンヘラと付き合うときには以下の2点に注意してください。

気に入られたかったら相手の承認欲求を満たしてあげる

「女性は共感の生き物」と言われるように、仲良くなるために必要なのは、相手の気持ちを“共感”して、意見を“肯定”してあげることです。

 

女性からの会話に対して

「それは大変だったね」

「僕もそう思うよ」

「確かにそれはヒドイね」

というように、味方であることをアピールすることで、相手との距離が縮まっていきます。

 

特にメンヘラの女性は、精神的に依存している部分が多く、その傾向が強く表れます。

相手から必要とされたい

もっと自分を認めて欲しい

この様な気持ちが強いので、自分を必要としてくれて、認めてくれる男性にハマってしまうんです。

 

メンヘラを落としたいなら、常に味方であることをアピールして、共感と肯定を意識しながら相手の承認欲求を満たしてあげましょう。

ワガママを聞いてあげることも必要です

メンヘラは「相手に必要とされたい」という気持ちと「自分自身も大事にされたい」という気持ちを、両方強く持ち合わせています。

そのためワガママを言ってくることも多々あります。

自分のワガママを聞いてもらうことで「大事にされている」ということを確認しているんですね。

「いますぐ会いたい」

「すぐに来てほしい」

こんなことを言われることもしょっちゅうです。

ヤラしてくれる代償みたいなものですね。

 

セフレの関係を続けたいのなら、多少のワガママは聞いてあげましょう。

それでセックスができると思えばやすいモノです。

素性を明かし過ぎない方がいい

セフレの関係を続ける以上は、あまりこちらのプライベートに入り込まないようにさせないといけません。

できれば家なんかにも呼ばずに、会うときはいつも屋外、そしてセックスするときはホテルに行った方がいいです。

 

ネットや飲み屋などで出会った場合は、もともとが知らない者同士なので、こちらの素性をあまりよく知りません。

その状況を上手く使って、プライベートにまで影響がでないようにするんです。

 

メンヘラは独占欲が強いので、一歩間違えればストーカーチックなことをしてくる可能性もあります。

トラブルに発展しないように、あまり深く関わらない方がいいです。

メンヘラを彼女にするのもあり?

「メンヘラはヤリ捨てすべし」みたいな話になってしまいましたが、ガチで危ない人は少数なのでそこまで気負う必要はありません。

よく知らない相手には個人情報を明かさない方がいいのは、メンヘラに限ったことじゃないですからね。

 

大抵は「ちょっと変わったワガママな子」ぐらいの感じなので、もし気が合う様だったら付き合うのも有りだと思います。

彼女がずっとできないぐらいだったら、メンヘラでも女性と過ごせた方が良いですからね。

ただ、地雷率が高いのは間違いないので、彼女にするにしても最初は様子を見ながらにしましょう。