出会い系のメールの書き方

出会い系サイトで彼女を作るコツは、とにかくたくさんの人にメールを送ることです。

アプローチの数が増えれば、それだけ出会える女性に当たる確率も高くなります。

しかし、ただやみくもに送ればいいというものではありません。

内容の薄いメールを送ったところで、返事は悲しいぐらい来ないです。

手数を増やすにしてもポイントはもったいないし、できるだけムダ打ちは避けたいところ。

そこで重要となってくるのが送信するメールの質を上げることです。

女性が「返事をしたい」と思うような文章を送るんです。

 

「女性から相手にされない」とグチってる人の文章を見てみると、自分の言いたいことだけを一方的に伝えている自己中なものが多いです。

それを読んだ相手がどう思うかを、全く考えていないんですよね。

そんなんじゃあ返事は来ないですよ。

 

今から私が説明する通りにメールを作ってみてください。

女性からの返信率が劇的に上がるはずですよ。

 

プロフィール設定がまだの人は、先にそっちの方から済ませましょう。

設定の仕方は下記の記事を参考にしてください。

メールを作成する前に押さえておくべきポイント

メールの送り方

まずはメールを作るときの注意点からご紹介します。

このことを理解しておかないと、説明した通りにメールを作成しても、その効果は薄くなってしまいます。

しっかりと覚えてくださいね。

コピペはNG

効率よくメールを送るために、同じ文章をコピペして使い回しする人がいますが、それは絶対に止めましょう。

ちょっと面倒かもしれませんが、返信率を上げるためには、一人一人その人に合った文章を送る必要があります。

 

なぜなら、テンプレをそのままコピペしただけの文章では相手の心に響かないからです。

 

基本的に女性は何もしなくても、男性から一日に何通ものメールが届きます。

「プロフィールを見て興味を引かれました」

「よかったらメル友からでもお願いします」

似たようなメールが何通も何通も送られてくるんです。

 

テンプレのような没個性の文章では、その他大勢のメールの中に埋もれてしまいます。

相手の目を引くには他のユーザーとの差別化をはかり、オリジナリティのある文章にしないといけないんです。

 

女性は毎日同じようなメールを見ているので、テンプレを送ればすぐバレます。

コピペしただけの手抜きメールに、誰も興味なんて持ってくれませんよ。

その人のためだけに書いたオリジナルの文章を作ってください。

 

オリジナルの文章といっても、そんなに難しいことではありません。

今から文章の構成とテクニックを詳しく紹介しますので、それを読んでもらえればあなたもちゃんとした文が書けますよ。

相手のプロフィールをしっかりと見る

その人に合ったオリジナリティのある文章を書くために、相手のプロフィールをしっかりと隅々まで見ましょう。

男性ユーザーの中には、手間を省くために顔写真しか見ない人がいますが、それは絶対にダメです。

 

確かに時間は短縮されるので、一見、これは効率がいい方法に思えます。

でも、プロフィールを見ないで書いたメールには返事はきません。

 

なぜなら、相手のことを知らないことにはその人の興味を引く文章が書けないからです。

 

返事が来ないので逆に効率が悪くなってしまいますよ。

返信率を上げたければ、相手のプロフィールは隅から隅までしっかりと見ましょう。

  • どんなことに興味をもっているのか?
  • どんな話題で盛り上がるのか?
  • どのような質問をすれば答えてくれるのか?

これらを考えながらプロフィールを見て、興味を持ってくれそうなキーワードをメールの中に入れ込むんです。

ちょっと面倒くさいかもしれませんが、相手に合った文章を送ることで、返信率に大きな違いが出てきます。

とりあえず手を多く出す

送信するメールの質を上げるのは大事です。

しかし女性と会うためには、結局、手数での勝負となってきます。

 

メールを送った相手全員が、こちらを気に入ってくれるわけじゃありませんからね。

それに逆に向こうが乗り気でも、こっちが受け付けないパターンだってあります。

自分に合う人を見つけるためには、それだけの数をこなさないといけないということを頭に入れておきましょう。

 

気になる女性を見つけたら次々にメールを送り、その中で会える女性を探していくというのが基本戦略となっていきます。

特定の人だけに執着するのは非効率ですよ。

ダメだったら気持ちを引きずらずに次の相手に行ってください。

 

誰かれかまわず気軽にアプローチをかけられるのが出会い系サイトの良いところ。

良いなと思う人がいたら、サクッとメールを送っちゃいましょう。

そっちの方が早く女性と会うことができます。

ボーナスでポイントを節約

アプローチを多くかけた方が会いやすいとはいえ、ポイントはできるだけ節約したいところですよね。

しかし、出費を抑えたいあまりポイントを少額ずつ買う人がいますが、それはお勧めしません。

 

なぜならポイントはまとめて購入した方が、ボーナスが付いてお得だからです。

 

出会い系初心者がメル友を作るまでには、少なく見積もっても1,000円ぐらいはかかるでしょう。

そして実際に会える人を見つけるには、さらに2,000円はかかると思います。

 

合計で3,000円。

彼女を作るためには、最低でもこれぐらいは見積もっておく必要があります。

 

ちょっとずつ買い足してポイントを節約しようとすると、結局は損するパターンが多いです。

ボーナスポイントを上手に利用することで、出費を抑えましょう。

女性が思わず返信したくなる出会い系でのメールの構成

では具体的なメールの書き方を説明していきます。

返信率を上げるために意識するポイントは次の2つです。

  • 女性に安心感を与える
  • その後の関係を具体的にイメージできる

ネット上には変な人も多いので、女性は信用できない人には返事はしないです。

メールをもらおうと思ったら、まずは相手の警戒心を解いて安心させる必要があります。

 

また、女性は素敵な出会いを求めてサイトに登録しているわけですから、楽しいやり取りをイメージできない相手にも返事はしません。

「この人となら楽しませてくれそうだな」

そう思わせないといけないんです。

 

上記の2点を満たすために、文章は次の構成で作成してください。

1.丁寧なあいさつ文を入れる

まず最初は敬語を使ってあいさつ文を入れてください。

「初めまして○○と言います」

「突然のメール失礼します」

丁寧な言葉遣いは相手に誠実な印象を与えます。

真面目な印象を持ってもらうためには敬語は必須です。

 

まれに初めからタメ口で語りかける人もいますが、それはNG。

親近感を持ってもらおうとしているのかもしれませんが、チャラい印象を与えて逆効果です。

 

出会い系にはすぐ会おうとするガッついてくる男性が多いので、そのような人に女性はウンザリしています。

一気に距離を縮めようと、引かれてしまうんです。

 

初対面の相手には、謙虚で丁寧な言葉づかいを。

ファーストメールの基本です。

フレンドリーさを出すのは、やり取りを続けて打ち解けてきてからにしましょう。

2.自己紹介をする

素性の知れない相手にメールを送るのは抵抗があるものです。

あなたも得体のしれない人から届いたメールに返事をしようと思わないでしょ?

 

女性はよく分らない相手には警戒心を強めます。

相手の警戒心を解くために、あいさつの後には「私はこういう人ですよ」という自己紹介文を入れてください。

  • web関係の仕事をしている
  • 27歳の一人暮らし
  • お笑いが大好き
  • 釣りが趣味のアウトドア派

相手の人物像がイメージできれば、女性は安心するものです。

趣味、仕事、好みなどを文章に入れて、あなたの人柄を伝えましょう。

 

また自己紹介を入れることで、相手との共通点を見つけやすくもなります。

「私もその芸人大好き」

「あ、この人も旅行が趣味なんだ」

「仕事が忙しいと出会いないよね。わかる」

このように思ってもらえれば、返事をもらえる確率も高くなります。

3.なぜメールを送ったのかを書く

女性は何もしなくても毎日のようにお誘いのメールが届きます。

特徴のないテンプレメールだと、その他大勢のメールに埋もれてスルーされる可能性が高いです。

 

他のユーザーとの差別化を図るためにメールを送った理由を書きましょう。

「あなただからメールを送ったんですよ」という特別感を出すんです。

 

そのためにも相手のプロフィールはじっくりと読んでください。

共有できるポイントがあればそこを書いていきましょう。

「無類の野球好きと聞いて思わずメールしてしまいました。僕も野球が大好きなんです」

「モンストにハマってるんですね。一緒にモンストのお話をしたくてメールを送らせてもらいました」

このようにメールを送った理由を書けば、こちらの言葉が相手に届きやすくなります。

無機質な文章に比べて、はるかに興味を持ってもらえるようになるわけです。

 
「どうせ他の子にも同じこと言ってるんでしょ」なんて思われると、あなたへの関心は薄まります。

メールを送った理由を書いて「あなただからメールを送りたくなった」というプレミア感を与えてください。

4.目的を書く

「よかったらメル友になりましょう。お返事待ってます」

こんなメールがきたらあなたはどう思いますか?

メールを送ってきた目的があやふやで、どんな返事したらいいか分りませんよね。

 

では、逆に目的が具体的で明確だったらどうでしょう?

「映画が好きなので、映画の感想なんかを話し合ってみたいです」

「お酒が好きなので、お酒を楽しみながら一緒に美味しいものを食べに行ける人を募集してます」

話題が絞られて、返事がしやすくなりませんか?

 

このように、こちらの目的をハッキリと伝えた方が、相手は返事がしやすくなります。

「この人にメールをすれば、こんな話題で盛り上がれるんだな」

「仲良くなれば、こんな経験をさせてくれるんだな」

その後の関係を具体的にイメージできる内容にすれば、返信率はグッと上がります。

【出会い系初心者向け】メールのテンプレート

では最後に、今まで紹介してきたポイントを踏まえながら作成した例文を紹介します。

その前に、今回のおさらいをもう一度。

 気を付けるポイント

  1. コピペはNG!
  2. 相手のプロフィールをしっかりと見る
  3. とりあえず手を多く出す

 文章の構成

  1. あいさつ
  2. 自己紹介
  3. メールを送った理由
  4. 出会い系の利用目的
  5. 〆のあいさつ

以上のポイントに気を付けながら、共有と差別化を意識してメールをつくってみましょう。

○○さん

はじめまして、大阪市内でWEB関係の仕事をしている○○と言います。

もともとは奈良の出身なんですが、学生時代からこちらに住んでいます。

プロフィールを見させてもらいましたが、○○さんは映画が好きなんですね。

僕も映画が好きで、月に2,3回は映画館に足を運んでいます。

同じ趣味の人を見つけて、嬉しくて思わずメールしてしまいました。

○○さんが最近見た映画で一番面白かったのは何ですか?

僕はどのジャンルも見ますが、最近では「鎌倉物語」が面白かったです。

お互い好きな映画についてお話しできればなぁ、なんて思ってます。

もしよろしければメールからでもお友達になってください。

お返事お待ちしています。

この文章をもとに自分用にカスタマイズしつつ、相手のプロフィールを見て細かい所は修正してください。

今までのメールに比べれば、はるかに良い結果がでるハズです。

出会い系のメリットを最大限に活用しましょう

出会い系のメリットは、面と向かっては恥ずかしくてできなかったナンパが、ネットを通して気軽に行えることです。

ターゲットはたくさんいるのですから、あとはお目当ての女性があらわれるまでメールを送り続ければいいわけです。

そして今回ご紹介したメールの送り方を実践してもらえれば、女性から返事をもらえる確率はグッとあがります。

  • 数えきれないぐらいの出会い
  • 気軽にアプローチができる

この出会い系の最大のメリットを利用して、気になる女性にメールを送っていきましょう。

素敵な出会いにつながる返事が必ずあるはずです。

 次のステップ
【初心者向け】出会い系で知り合ってから会うまでの流れとコツ