風俗で地雷嬢に当たらない方法

地雷嬢

風俗の利用目的は人によってさまざまです。

「童貞だからセックスの練習をしておきたい」

「ムラムラする気持ちをリフレッシュさせたい」

「あわよくば風俗嬢と付き合いたい」

そんな男性の願望を受け止めてくれるのが風俗嬢の存在です。

正に男に夢を見させてくれる、ありがた~い存在ですよね。

しかしそんな中、ありがたくない風俗嬢もいます。

俗に言う“地雷嬢”というやつです。

これからハッスルしようかというときに、出てきたのがとんでもないデブスだったら悲惨ですよ。

思わず「金返せ―」って叫びたくなりますよね。

私も風俗にはたびたびお世話になっていますが、ぶっちゃけ地雷嬢を引き当ててしまったことが何度かあります。

そんな過去の経験をもとに「地雷嬢に当たらない方法」を紹介しますので、これから風俗を利用しようとしている人はぜひ、参考にしてください。

風俗で後悔したくない人は必見です。

地雷嬢とは?

「そもそも地雷嬢って何なの?」という人のために、まずはその言葉の意味を説明しましょう。

地雷嬢とは、見るに耐えない容姿だったり、とんでもない手抜きサービスだったり、二度と接客を受けたくないと思うようなバズレの風俗嬢のこと言います。

 

せっかくお金を払っているのだから、やっぱりサービスは気持ち良く受けたいですよね。

風俗で後悔したくなければ、この地雷嬢をどのようにして避けるかがカギになってくるわけです。

地雷嬢の種類

一言に地雷嬢といっても、その種類はさまざまです。

ルックス、性格、接客態度、問題のある場所は女の子によって違います。

その代表的なものをご紹介しましょう。

デブス

代表的な地雷嬢と言えば、デブやブスなど見た目が厳しい女性です。

単純に可愛くない女性からサービスを受けるのはテンションが下がりますよね。

中には、逆に金くれよ、って言いたくなるほどの風俗嬢もいます。

せめてブス割引ぐらいしてほしい。

どの店にもデブやブスは一定数いいますが、彼女たちは指名が入らず暇なので、フリーで入ると優先的に回されたりします。

指名料をケチった結果、踏んでしまう地雷がこのデブスです。

ヤル気がない

風俗嬢は顔がカワイイだけではダメです。

性欲を満たしに来ているのだから、サービスもしっかりしてくれないと不満が残ります。

「本当にやる気あるの?」って言いたくなるほどの手抜きの風俗嬢もいますからね。

私が今まで会った中で、一番、やる気がなかったのは、フェラをせずに手コキだけで済ませようとした風俗嬢です。

ヘルスに行ってフェラがないんですよ?あんまりでしょ?

その手コキも「仕方なくやってます」みたいな態度が見え見え。

気が弱い私は文句も言えず、後悔だけが残りました。

カワイイからって安心しちゃダメですよ。

ふたを開けてみたらとんでもない地雷嬢もいますからね。

BBA

安いヘルスなんかに行くと、よく見かけるのがババアの風俗嬢です。

年齢のサバを読むのは風俗では割とよくあることですが「これは酷すぎだろ」という女が結構います。

あきらかに40代なのに29歳とか言っちゃって、そういうババアに限って「いくつに見える?」なんて言ってくるんです。

やっぱり質のいい女性についてもらいたかったら、ある程度の値段がするお店に行かないとダメです。

5千円ぐらいの格安ヘルスにいくと、かなりの高確率で年増の地雷嬢にブチ当たります。

無愛想

風俗は体のサービスと言っても、接客業の一種なので明るく接してくれる女の子が多いです。

女性との触れ合いを楽しめるのも風俗の良いところですからね。

しかしそのような触れ合いを拒んでくる風俗嬢もいるんですよ。

接客中は終始無言。

返事は「はい」か「いいえ」のみ。

しゃべりかけるなオーラをガンガン出してきます。

私は会話が得意な方ではないので、このような女に当たるとハッキリ言って、めっちゃ気まずいです。

全然、しゃべらないので間が持たない。

というか、こっちがお客さんなのに、何で気を使わないといけないの?なんて気持ちになってきます。

せめてサービスが良ければいいんですけど、この手の女はサービスも適当なんですよね。

愛想が悪い女は当たりたくない地雷嬢の中の一人です。

ガリガリ

これは好みの問題でもあるかと思うんですが、私にとってはガリガリの女も地雷嬢です。

あまりに痩せすぎていると、サービスを受けていても気持ち良くないんですよね。

やっぱりちょっと肉付きがいいほうが、体が触れ合ってるときも心地がいいじゃないですか。

それにガリガリの女って、何か裏がありそうで怖いんですよね。

風俗で働くほどの女だから、薬とかやってるんじゃないかなって勘ぐっちゃうんです。

人によっては「スタイルがいい」てなるかもしれませんが、私にとっては感度も下がるし、闇がありそうだし、ガリガリの女は地雷嬢に入ります。

地雷嬢を避けるには

風俗に行って満足のいくサービスを受けたかったら、ちゃんと手間ヒマをかけることです。

事前調査をすることは地雷嬢を避けるうえでも大切なことですよ。

トンデモ女に当たらないように、気を付けるポイントは次の3点です。

風俗サイトやホームページを見る

ほとんどの風俗店は、お店のホームページを持っていたり、風俗サイトに情報を掲載しています。

逆にネットに情報が載っていないお店は、悪質な詐欺のお店の可能性があるので、避けた方がいいと思います。

 

まずはネットから女の子の情報を確認して、顔や体型、年齢をチェックしましょう。

中には年齢のごまかしや、画像の加工や写真マジックによって、想像と実物に若干のズレがあるときもあります。

しかし別人レベルまで修正されていることはまれなので、大コケすることはないハズです。

また、その子のセールスポイントも載っていたりするので「明るい子がいい」「癒してくれる子がいい」など、外見以外の希望がある人は、そのあたりの詳細を確認するようにしましょう。

 

意外と重宝するのがお店のブログ。

明るく楽しそうな文章を書いてる女の子は、実際にもサービス精神が旺盛な子である可能性が高いです。

お店に行くときは、行き当たりばったりで入るのではなく、まずはめぼしい子に目を付けてから行くようにしましょう。

必ず指名する

地雷嬢に当たる可能性が高い一番のパターンはフリーで入ることです。

ルックスが悪かったり、性格に問題がある不人気嬢は、基本的に暇なのでフリーで入ったお客さんへ優先的に回されます。

フリーで入るということは「誰でもいいよ」ということなので、お店側も「誰でもいいなら、この子が余ってるから」となるわけです。

 

地雷嬢に当たりたくなかったら、好みのタイプをちゃんと選んで、必ず指名してから行くようにしましょう。

指名料と言ってもだいたい2千円程度なので、変にケチると逆に後悔することになりますよ。

お店のスタッフに相談する

細かい好みがあるんだったら、お店の受付でそれを伝えてください。

「とにかく若い子がいい」

「スタイルが良い子がいい」

「明るく接してくれる子がいい」

ハズレを引きたくないんだったら、できるだけ詳細に伝えること。

在籍する女の子の中から選ぶので、完全に条件が合うとは限りませんが、タイプに近い子に接客してもらえます。

お店側もお客さんをリピーターにしたいので、無下にはしないハズ。

遠慮していては損なので、言いたいことがあったらどんどん言った方がいいです。

地雷嬢を避ける方法・まとめ

お店選び、女の子選びもちゃんとして、指名をしていけば地雷嬢に当たる確率はかなりさがります。

せっかくのリフレッシュしにきているんですからね。

できることはやって、後悔しないようにしましょう。

  • ネットなどを駆使して女の子の情報を調べておく
  • お店に行く前には必ず指名を入れるようにする
  • 自分のタイプはハッキリとお店に伝える

この3点に気をつけて、風俗ライフを楽しみましょう。