セックスの練習を風俗に行く

これから彼女と童貞卒業を迎えようとしている男性の皆さま。

本番前にセックスの練習はしておいた方がいいですよ。

初めてのセックスというものは、あなたが思っている以上に上手くいかないものです。

  • 穴の場所が分らない
  • 挿入する前にイッてしまう
  • 女性をリードできずにグダグダ

やっぱり男たるもの女性の前では格好をつけたいですよね。

例え初めてのセックスだとしても、スマートにこなしたいはずです。

だったらぶっつけ本番で挑むのはかなり危険!

練習なしで初セックスに挑めば、かなりの高確率で恥をかくことになりますよ。

セックスの練習がしたいなら風俗へ行くことをお勧めします

セックスの練習

何事も、事前の準備なくして上手くできるなんてことはありません。

彼女との初めてのセックスを良い思い出にしたければ、前もって練習しておくことです。

 

でも、そこで問題になってくるのがその方法。

例えば、知り合いの女性に「セックスの練習させてくれない?」なんてお願いすれば、クソ扱いされることは間違いありません。

練習するにしても、自分の評判を下げることなく、尚且つ、誰にもバレない方法じゃないと意味がないですよね。

 

私がお勧めするのは風俗へ行くことです。

特に、今まで女性と付き合ったことがないという男性は、一度でいいから風俗へ行っておくべきだと思います。

風俗でセックスの練習をしておくメリット

一度でも女を体験しておくのと体験しないのとでは、その経験値に大きな開きが出ます。

風俗へ行くことは、あなたにとって大きなアドバンテージとなるんです。

 

経験しておくことで得られるメリットは次の通りです。

いずれもネットや雑誌の知識じゃ得られないものばかりですよ。

女の裸を確認できる

今ではスマホさえあれば女性の裸も簡単に見ることができますが、画像で見るのと実物を見るのとは全然違います。

特に女性器の場所を確認できるのは大きなメリットです。

 

「クリトリスやGスポットを攻めればいい」ということは知識として知っていても、いざアソコを目の前にすると、正直どこがどこだか分らなくなります。

セックス中は部屋を薄暗くするからなおさらです。

ペニスを挿入しようとして「違う!そこお尻の穴!」みたいなことが普通にありますからね。

 

風俗に行けば、女性器の位置や形をじっくり確認することが出います。

場所を知っておくことで、いざ本番でも攻めるべき場所を間違わずに済むわけです。

早漏防止になる

初めて女の裸を目の前にすると、性的興奮度は異常なぐらい高まります。

マジで画像と本物は全然違いますから。

 

そしてその興奮が何を引き起こすかと言うと、尋常じゃないぐらい早い射精です。

つまり”早漏”になるということです。

 

童貞は一人残らずみんな早漏と言っていいでしょう。

下手をすれば、入れる前に軽く触れられただけでイッてしまうことだってありますよ。

それぐらい初めてのセックスって、めちゃくちゃ興奮するわけです。

 

これを防止するには女の裸に慣れるしかありません。

慣れることで性的興奮が抑えられ、早漏は自然と治ります。

 

例えばオナニーするときも、初めてオカズにする画像にはめっちゃ興奮するのに、何回も見れば飽きて冷めてきますよね。

それと同じです。

 

一度、風俗に行けば、女への耐性がつきます。

異常なまでの性的興奮を抑えられ、早漏を防止することができるというわけです。

セックスの流れを予習できる

セックスをスムーズに行うためには、あらかじめその流れをシミュレーションしておかないといけません。

なぜなら、セックスは基本的に男の方がリードすることになるからです。

 

あなたが女性をちゃんと誘導してあげないと、グダグダになってしまうかもしれませんよ。

相手が経験豊富な人ならリードしてもらえるのかもしれませんが、それはそれで男として情けないですよね。

 

風俗は事前のシミュレーションにも役立ちます。

セックスにおける基本的な流れを経験することができるからです。

キス

前戯

フェラ

挿入

一度、経験しておくのと、ぶっつけ本番で行くのとでは勝手が全然違います。

前もって予習しておいて、どんなことをするのか把握しておけば、本番のときもあたふたせずにすみます。

失敗しなくても気にしなくていい

彼女とのセックスで、もし失敗してしまうようなことがあれば、相手から幻滅されてしまうかもしれませんよね。

しかし相手が風俗嬢ならそんな心配をする必要がないわけです。。

 

こちらが上手くできなかったとしても、相手からすれば”ただの客”にしかすぎません。

仕事と割り切っているので、変に思われたりすることもないでしょう。

 

仮に思われたとしても、二度と会うこともありませんからね。

「失敗しても大丈夫」ぐらいの軽い気持ちでチャレンジできるのも風俗の良いところです。

風俗以外の練習法をお勧めしない理由

セックスを練習する方法は、風俗以外にもいくつかあります。

しかしどれも効果が薄いと言わざるを得ません。

例えばセックスを練習する方法として、世の中でよく紹介されているのは次の4つです。

  • AV
  • ハウツー本
  • 出会い系
  • 女友達

確かにこれらもまったく意味がないことはないんですが、これから初めてのセックスを迎える恋愛初心者には向きません。

その理由を一つ一つ紹介していきますね。

AV

まず覚えておいてほしいのですが、AVの中で行われているセックスと、実際のセックスは全くの別物です。

 

AVは男性を視覚的に興奮させるのが目的なので、現実にはやらないプレイや体位でのセックスのオンパレードです。

本当は、あんなに力強くおっぱいを揉んだり、女性器を攻めたりはしません。

 

AVのセックスは、いわばフィクションです。

男の幻想です。

『テニスの王子様』と実際のテニスぐらいの違いがあります。

 

あんなものを参考にしていたら、女性に敬遠されますよ。

何の練習にもなりません。

ハウツー本

セックスの勉強をするうえで、ハウツー本は有効です。

女性の扱い方やテクニックを学ぶのに役に立つので、一冊ぐらいは読んでおいて損はないです。

 

ただ、あくまで知識を入れるだけにとどまるので、実践での経験を積めないのがネックです。

本を読んだだけではスポーツは上達しないのと同じで、実際に女性の体に触れてみないと分からないことがたくさんあります。

 

知識を身に付けるには申し分ないですが、練習になるかといえば物足りません。

実践に勝る経験はないわけですね。

出会い系サイト

正直、一番効果があるセックスの練習は出会い系サイトです。

いろんな女性と、あとくされなくセックスができるので、経験を積むにはもってこいなんです

 

実際、出会い系でセフレを見つける人もたくさんいますしね。

 

しかも風俗と違って、相手はプロではなく素人。

より、実践に近いセックスを経験することができます。

 

しかし問題なのが、初心者向けじゃないというところです。

風俗はお金を払えば誰でもセックスできますが、出会い系サイトは女性を口説くスキルがないとヤレません。

出会い系を使うなら、サイトの使い方やテクニックを身に付けてからにしましょう。

女友達

女友達は論外です。その後の人間関係のトラブルを考えれば、手を出すべきではありません。

それに、セックスさせてくれる女友達がいるリア充なら、そもそも練習の仕方で悩んだりしてないと思います。

とにかく、近場の人間に付き合うつもりもないのに手を出すと、ろくなことにならないので止めておいた方がいいです。

練習におススメの風俗の種類

風俗と一口に言っても、そのタイプはいろいろあります。

お店によっては練習に向かないところもあるので、お店選びは大切です。

私がセックスの練習に向いていると思う順に紹介するので、参考にしてみてください。

1.デリヘル

デリヘルとはデリバリー(宅配)ヘルスの略で、自宅やホテルに風俗嬢が直接来てくれるタイプのお店です。

店舗型のヘルスとは違い、部屋で二人っきりになれるので、より恋人に近い感覚を楽しめます。

 

本番はできませんが、キス・愛撫・フェラなどの、挿入以外のセックスの流れを一通り経験することができますよ。

一番、普段に近いシチュエーションでサービスを受けられるので、事前練習にはうってつけです。

2.ソープ

ソープの特徴は、何といっても本番ができるところです。

風俗の中でも挿入までできるのはソープだけです。

 

ただネックなのは値段が高いところですね。

場所やお店のグレードにもよりますが、一般的なお店でも3万円前後ぐらいは覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

初セックス前に挿入できるというのは貴重な経験ですが、料金的なところでお勧め度は2位としています。

でも高い料金だけあって、キス、全身リップ、フェラなどの基本的なサービスはもちろんのこと、ローションやマットプレイなど、ソープならではのプレイもあって、サービスの内容は最も充実しています。

金銭的に余裕がある人は、経験しておいても損はないでしょう。

3.ヘルス

風俗の中でも一番の定番と言えるのがヘルスです。

お店によってサービス内容は変わってきますが、ほとんどのお店ではキス、全身リップ、フェラの3点が基本プレイに入っています。

 

本番はできませんし、サービス内容もデリヘルやソープに比べると簡素ですが、その分、料金も安いのでコスパは悪くありません。

普通に女の子の体を触ったりもできるんで、セックスの事前練習としてはヘルスでも十分だと思います。

風俗へ行くときの注意点

男性の中には、風俗へ行くときに見栄を張って非童貞を装う人がいますが、それは止めた方がいいです。

初めてなら「初めてです」と正直に言いましょう。

じゃないと、満足のいくサービスを受けられないかもしれませんよ。

 

風俗では基本的に女性側がすべて誘導してくれますが、すべてを事細かに説明してくれるわけではありません。

経験者を前提としてプレイが進んで行くので、ぼーっとしてると何もしないままサービスが終わってしまうかもしれません。

「もっとおっぱいを触りたかった」

「アソコをじっくりと見てみたかった」

というような悔いが残らないように、最初に「初心者です」と言った方がいいんです。

そうすれば風俗嬢も初めての人に向けたサービスを行ってくれます。

 

「せっかくの初体験だから」ということで、プレイを頑張ってくれることも少なくありません。

見栄を張って良いことなんて何一つないですよ。

セックスの練習方法まとめ

彼女との初めてのセックスで失敗をしたくなければ、まずはハウツー本を読んで知識武装をしていきましょう。

セックスとはどういったものなのかを頭に入れて、女性の扱い方についても勉強しておいてください。

 

そして知識を身に付けたなら、今度は予行練習としてデリヘルを呼びましょう。

そして身に付けた知識を、本物の女性を相手に実践してみるんです。

 

より実践に近い雰囲気を経験してみたいのなら、出会い系で素人を探すのも有りです。

中には簡単にヤラせてくれる子もいますからね。上手くいけば風俗代より安く済むかもしれません。

 

今回紹介したように、事前にセックスの練習をしておけば、ぶっつけ本番で挑むより、かなりスムーズにセックスが行えるはずですよ。

準備を万端にして、思い出に残る童貞卒業にしましょう。