風俗で童貞卒業

セックスしたいけど彼女がいないので、する相手がいない。

彼女を作ろうにも、出会いがないからできる気配もない。

このような男性が次に考えるのが風俗での童貞卒業です。

風俗ならお金さえ払えば、誰でもセックスができますからね。

実際、ソープで筆おろしすることは、童貞卒業の方法の一つとして昔から定番となっています。

このサイトを見ている人の中にも「相手もいないし、こうなったらプロの人にお任せしようかな」と迷っている人もいるでしょう。

 

しかし初めての風俗となると、何かと心配することもありますよね。

それに「風俗で済ましたら後悔するんじゃないか」なんて不安になっている人もいるでしょう。

そう思うと、なかなかその一歩が踏み出せないわけです。

 

今回はそのような男性に向けて、実際に風俗で童貞を卒業したらどうなるのか?をお話ししたいと思います。

「ソープってこんな流れでサービスしてくれるんだ」

「風俗に行った後って、このような感情になるんだな」

そのあたりを実感してもらって、童貞卒業のきっかけにしてください。

ぶっちゃけ風俗で童貞を卒業しても後悔しない?

風俗の童貞卒業

風俗での童貞卒業を思い止まらせている原因の一つに「初めての相手は好きなことしたい」というものがあります。

「思い出が汚れるんじゃないか」

「後で後悔するんじゃないか」

「むなしくなるだけじゃないか」

このような不安から風俗に対して積極的になれない人もいるでしょう。

 

でも正直言って、風俗で童貞捨てたからって後悔なんてほとんどないですよ。

それよりも「もっと早くに行っておけばよかった」という人の方が多いんです。

誰も童貞卒業の思い出なんて、そこまで大切にしてない

あなたはまだセックスを経験したことがないので、初めての性行為に対して特別な思いを抱いているかもしれません。

でも終わってみれば、そこまで思い出には残らないものですよ。

 

確かに終わった直後は思うところがあるかもしれませんが、数日もたてば感傷にひたることなんて一切なくなります。

それどころか「また風俗に行って女の裸を触りたいな~」なんて気持ちにすらなってきます。

思い出なんかよりも、セックスしたい感情の方が勝ってくるわけです。

 

ちなみに私の初めての相手は、出会い系で適当に知り合った、別に好きでもなんでもない女性でした。

見た目がタイプだったわけでもなく、ただ童貞を捨てたいという思いだけで、その女性とセックスしたんです。

 

でも、後悔なんて全然してません。

むしろ自分の欲望をかなえられた喜びの方が大きかったです。

 

安易に童貞を捨てることに対して不安になっているかもしれませんが、そこまで心配する必要はないですよ。

感傷にひたることがあっても、それは一瞬。

すぐにまたセックスがしたくなってきます。

男なんてそんなものですよ。

 

ついでと言っては何ですが、私の初体験の話は下記の記事で紹介しています。

こんな童貞卒業の仕方もありますよって感じで、ご参考までに。

一度セックスを経験することで、女性に積極的になれる

好きでもない相手と童貞を卒業したからといって、後悔することはほとんどありません。

なので、どうしても記念として残しておきたいという人以外は、サッサと捨ててしまっても大丈夫です。

 

風俗で童貞を卒業した人に話を聞くと、「行って良かった」と思っている人の方が大半なんです。

今まで女を口説くなんてことできなかったけど、経験したおかげで女性に積極的になれたという人も多いんですよ。

 

確かに初めての事って、不安なことが多いです。

知らないことだらけで、身動きがとれない状態だと思うんです。

 

でも一度、経験してしまえば、そこまで大したことじゃなかったのが分ります。

そして、不安がなくなったのと同時に今まで我慢してきた反動で、女性に積極的にもなれます。

 

本当に一度経験するのとしないのとでは、大きな差が出てくるわけです。

むしろこのまま童貞だったらヤバいです

将来、出会うかもしれない好きな人のために、童貞は大切にとっておく。

それも立派な考えだと思いますし、別にそれを否定するつもりはありません。

 

でも具体的な行動もなく、ただ待っているだけなら止めた方がいいです。

何の努力もしていないのに、偶然、タイプの女性が目の前に現れることなんて無いですよ。

 

仮にあったとしても、その女性が都合よくあなたのことを好きになってくれるなんてことは絶対にありません。

そんな世界はラブコメ漫画とエロゲーの中だけです。

結局、時間だけが流れて、オッサンになるまで歳を取り続けるというのがオチです。

 

別に風俗に行くことを強制するつもりはありませんが、それならそれで他の方法で女性関係を充実させる方法を考えた方がいいです。

じゃないと、訪れもしない出会いを待ち続けて、リアルに生涯童貞なんてことになっちゃいますよ。

風俗で童貞を卒業するときの流れ

では風俗に行って、どのように童貞を卒業するのかを具体的に説明しましょう。

お店で受けるサービスの内容と、その流れについてお話しします。

店の種類と選び方について

風俗のお店にはいろんなタイプがありますが、ざっと大まかに分けると次の4種類です。

  1. ヘルス
  2. デリヘル
  3. ピンサロ
  4. ソープ

それぞれのお店の特徴について説明していきますね。

1.ヘルス

風俗の定番とも言える、一番メジャーなタイプのお店の形態です。

店内がカラオケボックスのように個室なっていて、そこでヘルス嬢からサービスを受けることになります。

基本的なサービスはキス、全身リップ、フェラの3つです。

お店の立地やグレードによって差はありますが、一般的な相場で言えば一万円以内ぐらいで遊べます。

2.デリヘル

デリバリー(宅配)ヘルスの略で、ヘルス嬢が直接、自宅やホテルに来てくれるタイプのお店です。

サービス内容はヘルスとほとんど一緒ですが、部屋の中で女の子と二人っきりになれるということで、恋人同士のような気分が味わえます。

料金はヘルスより少しお高めとなっています。

3.ピンサロ

ヌキがある飲み屋さんという感じのお店です。

席に座ってお酒を飲みながら、女の子に口でサービスをしてもらいます。

風俗店の中では一番安上がりですが、サービスは簡易的で、さらには隣との仕切りがなかったりします。

「とりあえず手軽にヌキたい」といったときに利用するお店です。

4.ソープ

風俗店の中でも、唯一、本番ができるのがソープです。

ヘルスの基本プレイであるキス、全身リップ、フェラに加えて、お風呂に入ってからのプレイや、マットを使ったプレイなどもあり、サービス面では一番充実しています。

ただ、その分、料金面では一番、割高となっています。

大衆的なお店でも3万円前後は見ておいた方がいいでしょう。

 童貞を卒業するならソープ
ヘルス、デリヘル、ピンサロでは、基本的にフェラまでのサービスとなっていて、本番はできません。

風俗店の中でも挿入行為ができるのはソープだけ。

セックスの疑似体験をするだけなら、ヘルスやデリヘルでも十分ですが、ピストン運動まで経験したいならソープへ行きましょう。

サービスを受けるまでの流れ

お店に入ってから、女の子からサービスを受けるまでの流れについて説明します。

1.受付

まずはお店の受付でコースと女の子を選びます。

コースと言っても時間の長さを選ぶだけです。

お店によっては特別なオプションがあることもありますが、たいていは60分とか90分とかプレイ時間の長さを選びます。

 

あと、女の子を選ぶときは指名料を取られますが、ケチるためにフリー(指名無し)で入ることはおススメしません。

結構な確率でブスかデブ、もしくはババアが出てくるからです。

 

せっかくの童貞卒業の相手が、性欲も萎えるようなクリーチャーだったら泣くに泣けません。

指名料と言ってもせいぜい2,000円ぐらいです。

ここはケチらずにタイプの女の子を選びましょう。

2.待合室で待つ

コースと女の子が選んだあとは、待合室に案内されます。

ここで自分の番が来るまで一時、待つことになります。

 

タイミングが良ければすぐに回ってきますが、人気嬢を指名したり、混んでいる日に行ったりすると、一時間以上待たされることもしばしば。

できれば、お店に行く前に<予約の電話を入れてから来店するようにしましょう。

 

自分の番が来ると、スタッフから呼ばれて女の子が待つ部屋へ案内されます。

3.プレイ

部屋に入ったら、最初は風俗嬢と軽く世間話です。

「お仕事終わりですか?」

「年齢はおいくつなんですか?」

というような、差しさわりのない会話が3~4分ぐらい続きます。

 

風俗が初めての人は何からすればいいか分らないと思いますが、風俗嬢がすべて誘導してくれるので何も心配する必要はないですよ。

世間話がひと段落すると、女の子から

「服を脱いでください」

「お風呂に入ってください」

「ベッドに寝そべってください」

と言われるので、言われた通りにしましょう。

任せておけば、キス→フェラ→挿入と、スムーズに事が運ぶと思います。

 初めての場合は先にカミングアウトした方がいい
見栄を張って童貞だということを隠す人がいますが、満足のいくサービスを受けたかったら、先に「初めてです」と言った方がいいですよ。

プレイ中は女の子が誘導してくれますが、すべてを事細かに説明してくれるわけではありません。

例えば、おっぱいを触りたかったり、アソコを舐めたかったりしたとしても、自分から言わないとスルーされてしまう可能性があるんです。

「初めて」と言えば、女の子もそれに合わせた接客をしてくれるので、結果的に満足のいくサービスが受けられます。

女の子からバカにされない?

童貞だということがバレたらバカにされるかな?と心配する人もいるかもしれませんが、そんなことはないですよ。

相手も仕事として割り切っていますし、たくさんいるお客さんの中の一人にすぎないので、向こうもわざわざ気にしません。

むしろ、初めてだと分かったら頑張ってサービスしてくれることも多いです。

もしかしたら、心の中では思っているかもしれませんが、店を出ればもう二度と会うこともないので大丈夫ですよ。

気にせずにサービスを受けましょう。

風俗に行くことのデメリット

童貞をこじらせるぐらいなら、さっさと風俗に行った方がいいとは思いますが、注意しないといけないこともあります。

それは風俗に慣れると彼女ができにくくなるということです。

 

素人童貞という言葉を聞いたことはありますか?

プロ相手の経験はあるけど、素人女性とセックスをしたことがない男性のことを指した言葉です。

 

風俗はお金さえ払えば誰でもセックスができるので、女性を口説いて肉体関係を持つより楽なんですよね。

性欲を発散したいときは「風俗へ行けばいいや~」となってしまい、素人童貞を抜け出せなくなってしまうんです。

とりあえず女性と接することはできるし、性欲も満たされるから、彼女がいなくても平気になっちゃうんですね。

 

風俗は女性に対して積極的になれる良いきっかけとなりますが、ご利用は計画的に。

ほどほどにしておかないと、素人童貞をこじらせるという悪影響も出てきてしまいます。

とにかく早めにセックスを経験しておいて損はない

風俗に行くと素人童貞をこじらせてしまうリスクはありますが、それでもずっと女に縁がない生活を続けるよりかは、かなりマシです。

もし行かなかったら、セックスを経験することすらなかったわけですからね。

 

童貞を守っても何のメリットもありません。

強いて言えば思い出に残るぐらいでしょうか。

 

でもそんなことでいたずらに時間が過ぎるぐらいなら、早くセックスを経験して新しい扉を開けた方がいいと思います。

最終的には個人の判断にはなりますが、風俗にしても出会い系にしても、世の中には女性とセックスできるチャンスが転がっているのに、利用しないのはもったいないですよ。