童貞を守ることのデメリット

童貞のデメリット

最近は、成人男性における童貞の割合がどんどん増えているそうです。

20代では3人に1人、30代でも4人に1人がセックスをしたことがないというデータもあり、その傾向は年を追うごとに強まっています。

童貞の割合

童貞の割合

引用:国立社会保障・人口問題研究所

でも同じ童貞でも、その理由は人によって様々でしょうね。

  • 出会いがないがまったくない
  • 女性との付き合い方が分らない
  • 好きな人ができるまでとっておく

環境の違いなどもありますから、童貞を卒業できないのは仕方ないことでもありますが、中には自分からあえて貞操を守る人もいます。

「僕は運命の女性が現れるまで絶対に童貞を守るんだ!」

みたいな人です。

それはそれで素晴らしい価値観だと思いますが、個人的には童貞はサッサと卒業してしまった方がいいと思います。

なぜなら童貞を守ることにはデメリットしかないからです。

歳を取るほど童貞は卒業できなくなる

「俺はまだ若いから童貞でもまだ大丈夫だろう」なんて悠長にかまえてたらヤバいですよ。

例えばあなたがモテ男で、その気になればいつでも彼女ができるほどのスペックがあるならいいでしょう。

しかし今まで女と付き合ったこともない人が、急に焦り出したところで彼女なんてすぐにはできません。

時間だけがあっという間に過ぎ去って、気付いたら30歳過ぎのオッサン、なんてことも大いにあり得るわけです。

若いうちは分らないかもしれませんが、歳を取ってからの童貞卒業ってかなりの無理ゲーですよ

女からも相手にされなくなるし、出会いもない。

生涯童貞なんてことも全然ありえるわけです。

女性も若い男性の方が好きなんです

「男は外見じゃない」という言葉を真に受けて、自分も歳を取っても勝負できると思っていませんか?

ハッキリ言いますが、男だって重要なのは外見です。若さです。

年を取って見た目が劣化していけば、恋愛においての市場価値は下がっていくんです。

 

確かに「男は外見じゃない」その言葉は間違いではないです。

でもそれは「外見以外の魅力を持ち合わせている男」にしか当てはまりません。

 

あなたは持ってますか?

女性を引き付けることのできる人間性や内面性。

 

スペックにそれほど差がないのなら、そりゃ女性だって若い男の方がいいですよ。

女性もどうせなら若い男と付き合いたいと思ってます。

 

「どのみち僕は見た目に自信がないし、若いだけじゃどうにもならないよ」

そう思ってる人もいるかもしれませんが、そんなことはないです。

あなたが思っている以上に、若いっていうのは大きな武器なんです。

 

実際に、顔80点の35歳男性と、顔60点の25歳の男だったら、25歳の男の方が女性から選ばれやすいです。

年を取れば、その唯一の武器すらなくなってしまうんですよ。

ただでさえ自信のない見た目が歳によってさらに劣化すれば、その先に待ち受けるのは完全なる“詰み”です。

歳を取ると出会う機会すらなくなっていく

今思えば、学生時代はまるでハーレムでしたね。

私も決してモテていたわけではないですが、それでもあの頃のように、たくさんの女性に囲まれる環境は、二度と経験することはないでしょう。

 

人間は年を取れば取るほど、ライフスタイルがかたまって、環境が変化しなくなります。

  • 新しい職場
  • 新しい住まい
  • 新しい人間関係

進学や就職によって訪れる新しい出会いもなくなっていくんです。

若いころには誘われていた合コンなどにも呼ばれなっていきます。

オッサンになるとモテなくなる上に、女性と知り合うきっかけすらなくなっていくんですよ。

「今でも十分、出会いは無いけど...」という人は超ヤバいです。

オッサンになってからの出会いの無さは、今の比ではないんです。

更なる孤独を味わうことになりますよ。

恋愛の経験がないと結婚が遅れる

「好きな人が現れるまでセックスはしないんだ!」と童貞を守る人は、それはそれで素晴らしい考えだと思います。

でも、今の内に童貞を卒業しておかないと、いざ好きな人が現れてもモノにすることはできません。

ぶっつけ本番で上手くいくほど恋愛は甘くない

「どうでもいい人とはヤリたくない」という人は「好きな人ができたら本気出す!」ということなんでしょうけど、世の中はそんなに上手くいきませんよ。

恋愛スキルというものは、女性と付き合うことで培われていきます。

女ってこんなことで喜ぶんだ

このセリフは女性に言わない方がいい

好感を持たれるためにはこうした方がいいな

このような知識って、過去の経験を積み重ねていくことでしか身に付いていきません。

 

それが童貞を守り続けていたらどうでしょう?

恋愛スキルはまったく磨かれないままです。

そんな状態じゃ、口説きたい相手が現れてもハッキリ言って何もできないですよ。

 

女性の方から自分を好きになってくれることなんて都合のいい話は絶対にありません。

好きな人が現れてもスキルが追い付かず、結局、ずっと童貞のままになってしまいます。

年齢が上がるほど相手の期待値も上がる

童貞を守れば守るほど、あなたが異性に求めるハードルも高くなっていくことでしょう。

「このレベルで妥協するわけにはいかない」

このような考えが強くなっていくからです。

このように童貞をこじらせると、さらに童貞を捨てられなくなるという負のスパイラルに陥ります。

 

そして、それよりも大変なのが、女性からの期待値です。

年齢を重ねれば重ねるほど、女性もあなたに求めるハードルが高くなっていくんです。

  • 女性の扱いに慣れている人がいい
  • 女心が分ってない人は嫌だ

このような要求を突き付けられるわけです。

これが二十歳ぐらいだったら「まだ若いし、仕方ないよね」で済ましてくれます。

でも、いい年こいた男性が女性に不慣れなままだと「その年齢になっても、その程度なの?」となってしまうんです。

 

なので、若さで済まされるうちに経験を積んでおいた方がいいです。

年相応の恋愛スキルがないと、女性から敬遠されてしまいます。

誰も童貞卒業の思い出なんて覚えてない

童貞を守ろうとする人は、初体験に対して思い入れが強すぎです。

  • いい思い出にしたい
  • せっかくの初体験だから

このような意識から「どうでもいい相手とは済ませたくない」と思うようになるわけです。

でも実際、童貞卒業って済ませてしまえばそんなに思い出に残るものでもないですよ。

「そういえばそんなこともあったなぁ」ぐらいの感じです。

経験してしまえば過去のことなんてどうでも良くなる

やはり一番大切なのは今の彼女ですから、過去の女の思い出に浸ることってほとんどないですよ。

今はまだ経験してないことなので童貞卒業の相手を美化したい気持ちがあるかもしれません。

でも終わってしまえば「誰とセックスした」なんて気にならず、新しい恋愛に目が行きます。

男なんてそんなものです。

もっと早く卒業しておくべきだったと思う人が大半です

一度、セックスを経験することによって、女性関係に対して積極的になれたという話はよく耳にします。

今まで恋愛にビビってたけど、終わってみれば思ったより大したことじゃないな、と自信が付くわけです。

 

今まで抑制されていたものがはずれて、さらなる欲求に満たされるわけですね。

このことから「今ままで童貞を守っていた時間がもったいなかった」「こんなことなら早く経験しておけばよかった」と思う男性は多いです。

童貞を守るのはデメリットだらけです

「好きな相手じゃないとセックスしたくない」なんて言って、童貞を守り続ける人って、結局は受け身なだけなんですよね。

今までタイプの女性と一回も出会ったことがないわけでもないでしょうし。

自分からは行動できないので、女性からの誘いがあるまで待ってるだけなんです。

でもそんなふうだと、あっという間に歳を取ってオッサンになってしまいますよ。

婚期を逃して歳だけとって、気づけば誰からも相手にされない。

マジでこうなりますからね。

童貞を守ったところで良いことなんて何もないので、早めに行動することをおすすめします。