出会い系でドタキャンされない方法

出会い系のドタキャン

出会い系を利用する上で、避けては通れないのが“ドタキャン”です。

やっとの思いでデートにこぎつけ、ウキウキ気分で約束の場所へ行ってみると

誰もいない

いつまで待っても現れない

こんなことになれば最悪です。

「やっと童貞が捨てられるかも」

「俺にもようやく彼女が」

これらの希望が打ち砕かれることになるんです。

せっかく取り付けたデートなんだから“断られずに”そして“確実に”モノにしたいですよね。

そこで大事なのがドタキャン対策です。

ちゃんと対策をしていけば、土壇場で断られるなんてことはなくなります。

狙った獲物を逃さないためにも、しっかりと囲っていきましょう。

出会い系で知り合った女性がドタキャンをする理由

人の気持ちは変わることはありますから、取り付けた約束が途中でダメになることはあります。

でもドタキャンだけは避けたいですよね。

移動する時間がムダだし、下手すれば交通費もかかるわけです。

「それなら先に断ってくれよ」とグチの一つもこぼしたくなります。

 

このような状況をさけるために、まずはドタキャンをする女性の心理を知ってください。

それを理解すれば、おのずと対策が分ってきます。

会うのが怖くなった

知らない人と会うのは誰だって不安なものです。

特に力の弱い女性は、おかしな人に絡まれでもしたら大変なので、男性以上に警戒心を強めます。

会った人がストーカーになったら...

無理やりホテルに連れ込まれたら・・・

そう思うと、誰でも気軽に会えないわけです。

 

出会い系サイトは、知らない者同士が簡単につながることができるとても便利なツールです。

しかし一方で、変な人ともつながってしまうリスクがありますからね。

デートに誘われてOKをしたはいいけど、やっぱり途中で不安になってしまう女性はいます。

その様な人が土壇場でキャンセルしてしまうんです。

最初から乗り気じゃなかった

出会い系サイトには、リアルな人間関係にあるような”人付き合いのわずらわしさ”がありません。

変な人と思われようが、相手から嫌われようが、自分と合わない人はブロックすればいいだけですからね。

だから、後々の付き合い方を考える必要がないと言えます。

 

これは出会い系のメリットでもありますが、逆にデメリットでもあるんです。

誘われたデートに「いいよ~」と適当に答えて、直前になって「やっぱり、や~めた」という、いい加減なことをしても、何一つ困らないわけですからね。

 

出会い系にはこのような無責任な対応をしてくる女性がたまにいます。

ここまで極端じゃなくても、誘いを断りきれずに一回はOKしたけど、やはり乗り気になれずにドタキャンする女性は多いです。

別の良い人が現れた

出会い系サイトは複数の相手に同時にアプローチをかけることができます。

いろんな女性に声をかけて、その中で「いいな」と思えた相手とやりとりすることができるんです。

 

でもその条件は女性も同じ。

狙っている女性がやり取りしている相手は、あなた以外にも複数いると考えるのが妥当でしょう。

 

そうなったときに問題となってくるのが、その相手があなたよりも魅力的だったとき。

約束はしたけど他に良さそうな人から誘われたから、そっちに乗り換えよう、となるケースが出てくるわけです。

それを防ぐためには、あなたがもっと魅力的になるか、邪魔者が入るまでにアポをとってしまうしかありません。

なんとなく

意外と多いドタキャンの原因が、この“なんとなく”です。

特に理由もないのに直前でブッチするパターンです。

 

あなたも経験ないですか?

友達と遊ぶ約束をして、そのときはノリノリだったのに、約束の日が近づくにつれてだんだんと面倒くさくなったこと。

 

別にその人のことが嫌になったとか、他の予定が入ったとか、何か理由があるわけじゃないんです。

ただ“なんとなく”行きたくなくなった。

「女心と秋の空」なんてことわざもありますが、具体的な理由もなくドタキャンする女性は意外と多いんです。

出会い系サイトでのドタキャン対策

では、ドタキャンするときの女性の心理を踏まえた上で、その対策をご紹介します。

これらを実践してもらえば、女性に会える確率は確実に上がります。

気軽に行けるところで会う

初めてのデートだと、相手に気に入られようと気合を入れ過ぎてしまうことがあります。

  • 人気のデートコース
  • 高級なディナー
  • 遠方の穴場スポット

でもこいうった予定を立てるのはNGです。

なぜなら、相手からすると気合の入ったデートは“重い”からです。

 

ドタキャンする女性の心理でもお話ししましたが、知らない人と初めて会うということで、女性は警戒しています。

こういったときはガッツリ予定を組むよりも、近場のランチとか気軽に行ける所へ誘った方が成功率は上がるんです。

 

例えば、丸一日デートする約束をして、会った人が途中で変な人だと分かったらどうですか?

嫌々ながらもずっと一緒にいないといけないんです。

 

女性からすると、どういった人か分らないうちから、ガッツリデートするのってリスクなんですよね。

遠出とかになったらすぐに帰ることもできないから、かなりの覚悟が必要です。

 

でも近所の喫茶店とかだったら、合わない相手だっとしても我慢するのは短時間だし、帰ろうと思ったらすぐに変えれます。

簡素なデートの方が心理的なハードルが低くなるんです。

結果的にOKももらいやすくなるし、ドタキャンされる確率も下がります。

人目の付くところで会う

女性の警戒心を和らげるために、会う時間帯は昼間、そして場所は人が多いところで会いましょう。

「もしかしたら今日ヤれるかも」という下心から、夜間のお酒の席に誘う人もいるかもしれませんが、それだと女性から警戒されます。

「会うのが不安だし、やっぱり止めとこう」なんてことになりかねません。

 

デートをOKさせるコツ、そしてドタキャンをされないコツは、相手の心理的なハードルを下げることにあります。

「それだったら安心できるし行ってもいいかな」と思わせることが重要なんです。

だからこそ、気軽に行けて、安心できる場所へ誘うことが大切なんです。

断りやすい空気を作る

デートを断られたくない気持ちは分りますが、誘うときはできるだけ断りやすい雰囲気を作りましょう。

「都合が悪かったら言ってね」

「ダメでも気にしなくていいよ」

というように、本音を言いやすくするんです。

 

「断られたら意味ないじゃん」と思うかもしれませんが、無理やり約束してドタキャンされたら、それこそ意味がありません。

  • 望みがなさそうな相手は早い段階で切っていく
  • 会える相手とだけ会っていく

これが出会い系で効率よくアポを取るコツです。

結果的にムダな手間をとられずに済みます。

直近で予定を入れる

もしデートに誘ったときに「ゴメン、その日は予定が入ってるんだよね」と言われたら、あなたはどうしますか?

じゃあ、来週は?

それでもダメなら再来週は?

このように、先の方でもいいからとりあえず約束を取ろうとしませんか?

でもそれがドタキャンの元です。

 

日にちが経つと人の気持ちは変わります。

そのときはは乗り気でも、日にちが経つと他の予定が入ったり、別の相手から誘われたりもすることもあるでしょう。

そうすると「やっぱり止めとこうかな」となってしまうわけです。

 

約束したときの気持ちが変わらないように、予定はできるだけ近くに入れましょう。

近くで取れない場合は、また改めて誘いましょう。

 

「でも約束できるときに約束してた方がいいんじゃ...」と思うかもしれませんが、それは違います。

あなたに好意を持ってくれていたら、来週誘っても再来週誘っても結果は同じです。

その日の都合が悪いだけなので、それさえなければいつ誘ってもOKしてくれるでしょう。

 

誘うタイミングをズラしたおかげであなたへの関心がなくなるなんてことはありません。

もし、誘うのを先延ばしにしたおかげでデートしてくれなくなったとしたら、その人は最初から乗り気じゃなかったんです。

どのみち断られるかドタキャンされる運命だったんです。

女性と効率よく出会うために

どんどんアポを取っていくのも大切ですが、無理に約束しようとすると、それだけドタキャンも増えます。

女性の立場になって、じっくりと攻めた方が結果的に効率よく出会うことができるんです。

初デートからガッツリいかず、最初は手軽に

女性が安心できる場所で会う

断わられても気にしない

これらを意識して、ドタキャンを撲滅していきましょう。