デリヘルで童貞卒業

デリヘルで本番

童貞を捨てたいけど相手がいないというのなら、デリヘル嬢を狙ってみてはいかがでしょう?

風俗での童貞卒業と言えばソープが定番ですが、やり方次第ではデリヘル嬢にヤラせてもらうことも可能です。

上手くいけばソープに比べて安く済みますし、それに素人っぽさが残るデリヘル嬢とヤった方が、ありがたみがありますよね。

とは言っても「イケメンだったり、コミュ力が高くないと嫌がられるじゃないか」なんて思うでしょ?

でもお願いしてみると、結構、スンナリ受け入れてくれるものですよ。

非モテの私でも成功させることができた『デリヘルで本番をするための流れ』と『交渉を成功させるコツ』を紹介します。

「誰でもいいからセックスしてー」ともだえている男性は、ぜひ、参考にしてください。

デリヘル嬢に童貞を卒業させてもらうのは意外と簡単です

デリヘルでは基本的に本番行為が禁止されています。

なので、通常のサービスを受けるだけでは、童貞を卒業することはできません。

ヤラせてもらうにはデリヘル嬢に交渉してOKをもらう必要があるわけです。

 

『交渉』と聞くと難しく思えるかもしれませんが、そんなに構えることはないですよ。

ちょっとしたコツさえつかめば、デリヘル嬢に本番をやらせてもらうのって意外と簡単です。

本番行為は風俗嬢にもメリットがある

デリヘル嬢が本番をOKするときの気持ちって、どんな感じだと思いますか?

「仕方ないなぁ」

「さっさと終わらせよう」

「面倒くさい」

このように、しぶしぶ受け入れている気がしませんか?

 

仕事とは言え、好きでもない相手とセックスをするんです。

本来なら禁止されている行為ですし、イヤイヤやってるような気がしますよね。

 

確かに、そのような感情もなくはないですが、実は女の子の方も本番を望んでいたりするんですよ。

というのも本番行為はデリヘル嬢にとってメリットもあるんです。

本番だと風俗嬢も肉体的に楽ができる

風俗のサービスって、あなたが思っている以上に重労働だったりします。

フェラするときって意外とアゴの力を使いますし、全身リップのときだって舌をまんべんなく使って体全体にサービスしないといけません。

風俗って何気に肉体労働なんです。

 

でもその重労働を楽する方法があります。

それはお客さんに本番をやらせることです。

 

本番なら客の方が腰を振って勝手にイッてくれるので、風俗嬢本人は何もすることがありません。

通常のサービスに比べたら、全然、そっちの方が楽なんですね。

 

店から禁止と言われているので建て前では拒否ってきますが、本音では「本番の方が楽なのになぁ」と思ってたりするんです。

思い切って交渉してみたら、意外とすんなりとOKしてくれたりするものなんですよ。

風俗の中ではデリヘルが一番ヤラせてくれる確率が高い

本音のところでは本番OKでも、お店が禁止しているという理由で断ってくる女の子は多いです。

見つかったら罰金などのペナルティがあるので、リスクはおかしたくないわけですね。

 

でもこれは、スタッフが近くに待機している店舗型の風俗の話。

 

デリヘルは普通のヘルスと違って、お客さんの部屋の中には行ってしまったら、あとは何をしているかは分りません。

お店にバレないので、女の子も本番行為に対して抵抗がないんです。

 

このような環境の違いもあって、デリヘルは風俗の中でも特に本番がしやすいんですね。

いかに女の子に好意を持ってもらうかがカギです

デリヘルは本番がしやすいと分かってもらえたでしょうか?

童貞を卒業するのも難しい話ではないんです。

 

ただ、誰にでも簡単にヤラせるかというと、そうではありません。

風俗嬢だって女性です。

いくら本番の方が楽だとしても、生理的に受け付けない人にヤラせようとは思いません。

 

そこで重要となってくるのが女の子からの好感度です。

相手から好かれるのと、そうでないのとでは成功率に大きな違いが出てきます。

 

というか、そこが全てだと言ってもいいでしょうね。

なので「お金払ってるんだから」というような横柄な態度は厳禁です。

謙虚な姿勢で好印象を与えるように心がけてください。

 

軽妙なトークで相手を楽しませるのもいいですが、第一印象を良くしようと思ったらまずは真面目さと誠実さが大事です。

相手をもてなすぐらいの感じの方がいいと思いますよ。

デリヘル嬢に本番を交渉するときの流れ

では、具体的な交渉の仕方についてお話していきましょう。

風俗嬢から好かれるコツから、成功率を上げるテクニックまで紹介していきます。

童貞を卒業したかったらしっかりと覚えていってくださいね。

お店の選び方と女の子を呼ぶときの注意点

最初はお店の選び方についてです。

デリヘルだったらどこでもいいというわけじゃないですよ。

ここを間違うととんでもない地雷女が来たりするので、気をつけてください。

お店はネットから探す

まずはポストに入っているピンクチラシで呼ぶのは止めましょう。

ピンクチラシの投函は条例で禁止されていて、違法行為にあたります。

ポスティングで集客しているような業者はグレーな営業をしていることが多く、また、女の子の質もよくありません。

 

お店を探すときは「デリヘル 大阪」みたいに、地名と掛け合わせてネットで検索すれば、案内サイトがすぐ見つかります。

どこがいいか分らないときは『シティヘブン.ネット』『MAN-ZOKU』のどちらかを選べばハズレは無いと思います。

この2つは風俗案内サイトの老舗なので、安心して使えます。

女の子は必ず指名をする

女の子を指名すると指名料を取られますが、絶対にケチらないでくださいね。

フリーで呼ぶと、かなりの高確率でブス・デブ・ババアのどれかがきます。

 

指名料といってもせいぜい2,000円程度です。

せっかくの童貞卒業なんだから、ケチらずに好みの子を呼びましょう。

若い子は狙わない

これはあくまで体感なんですが、20才前後の若い子は断ってくることが多いです。

それか、誰にでもヤラせてて病気を持ってるかのどちらか。

両極端なので、ちょっとリスキーなんですよね。

 

ターゲットにするなら20代後半にかけてのアラサー女性です。

風俗嬢の中では適度に節操があるし、お姉さん的な立場で童貞を受け入れてくれることが多いです。

 

それにアラサーになってくると、若さだけで指名も取れなくなってきますからね。

リピーター欲しさに、こちらのワガママも聞いてくれやすくなります。

デリヘル嬢が部屋に来るまでにするべきこと

電話をしてデリヘルを呼んだら、あとは待つだけ。

 

 

じゃないですよ!!

女の子が来る前にやるべきことはたくさんあるんです。

デリヘルで童貞を卒業するならココが一番重要です。

よく聞いてくださいね。

部屋をキレイにしておく

事前に部屋を掃除しておくのは鉄則です。

むしろ部屋が汚かったら呼ばないでください。

 

風俗嬢は相手の清潔感をすごく気にしています。

部屋の様子はあなたの好感度に大きく影響してくるんです。

 

呼ばれた部屋がゴミゴミしていたら「不潔な人とはエッチしたくない!」となっちゃいますよ。

向こうは仕事なので部屋が汚くても最低限のサービスはしてくれるでしょうが、本番ができる可能性は限りなくゼロに近づきます。

  • 風呂
  • トイレ
  • ベッド

少なくともこの3つはピッカピカにしといてくださいね。

 

私がデリヘルを呼ぶときは、部屋を大掃除してアロマを炊き、布団にはファブリーズを吹っかけます。

大げさかもしれませんが、これぐらいあっていいと思いますよ。

その気遣いが女性から喜ばれたりするんです。

身だしなみを整える

キレイにするのは部屋だけじゃありません。

あなた自身の体もです。

 

さっきも言いましたが女性は男性の清潔感をとても気にしています。

デリヘル嬢に気に入られたかったら、一にも二にも清潔感です。

ヒゲ、爪はちゃんと処理しておき、体も洗っておきましょう。

 

「どうせ女の子が来たときに一緒に入るんじゃないの?」と思うかもしれませんが、童貞を捨てたいのなら、ちゃんと洗ってください。

汗臭い男とせっけんの香りがする男、どちらが女性から好かれるかは明白ですよね。

キレイにしておいて絶対に損はありません。

タオルと飲み物を用意しておく

女の子に意外と喜ばれるのが新品のタオルを用意しておくことです。

 

人の家のタオルって、ちょっと使うのに抵抗があったりしますよね。

それが男のものなら尚更です。

 

新しいタオルを用意しておくことで「気遣いができる人」という印象を与えることができます。

「自分のためにわざわざ準備してくれた」というのが女の子にとっては嬉しいんです。

 

あと喜ばれるのが飲み物を用意しておくこと。

某アンケートで、風俗嬢がお客さんからもらって嬉しい差し入れを調べたところ、一位は『飲み物』だったんです。

 

相手の好みに合わせられるように2~3種類用意しておいた方がいいでしょうね。

お茶、水、ジュース系というように分けた方が無難だと思います。

 

用意するのは新品のペットボトルのものにしてください。

それだと持ち運びに便利だし、その場で飲み干す必要もありませんから女の子も面倒になりません。

交渉するときの注意点

こちらはお客さんなので、デリヘル嬢は基本的に誰にでも愛想よく振るまってくれると思います。

でもそこに甘えてはダメです。

できるだけ女の子を楽しますようにこちらも努力しましょう。

返事はノリよく、そして会話が盛り上がるようにこころがけましょう。

 

「女性と話すのが苦手だ」という人は下記の記事が参考になるかもしれません。

人見知りの私が女性と上手く話すために実践しているテクニックについて紹介しています。

そして交渉するときのタイミングですが、お願いするのはプレイが始まってからにしてください。

体を重ねて、お互いの気分が盛り上がってきたときに「ごめん、入れちゃダメ?」と下から丁寧にお願いしましょう。

 

まだ会って間もない段階でお願いしても「ダメ」と冷静に断わられる可能性があります。

しかしプレイが始まってしまえば、そのままの流れでOKしてもらえる確率が上がるんです。

 

お願いするときはあくまで謙虚で。

上から目線は絶対にダメですよ。

成功率アップのコツ

できれば本番をお願いする前に、次のことをやっておいた方がいいです。それは

  • 好意があることを伝える
  • リピーターを匂わせる

この2つを行うことで成功する確率が大幅にアップします。

好意があることを伝える

風俗嬢も女の子なので、男から好かれれば嬉しいものです。

でも「好きだ」「惚れた」なんて直接的なものはダメですよ。

会ったばかりなのに、そんなことを言われてもキモいだけです。

 

とにかく褒めましょう。

相手を見て、その身体的特徴を褒めるんです。

「足が細くてキレイだよね」

「目がパッチリしててカワイイ」

太ってる、背が低い、など相手がコンプレックスに思っていることを褒めると、なお良いです。

しかし明らかに太ってる子に「やせてるね」なんて言っても逆効果のなので、その場合は

「小柄な子の方が好みです」

「ぽっちゃりしてる子がタイプなんだ」

というように、言い方を変えましょう。

無理に褒めるのではなく「僕は好みですよ」ということを伝えるんです。

 

ガツガツ攻めるのではなく、できるだけ普通っぽく言ってくださいね。

褒められたり、好意を伝えられたりして嫌な気持ちになる女性はいません。

リピーターを匂わせる

風俗嬢にとって指名客は嬉しいものです。

給料にも直結しますし、どの女の子もいかにリピーターを増やすかを考えています。

その心理を利用すれば、成功率をアップさせることができます。

 

まずは女の子のスケジュールを細かく聞いてみましょう。

「いつも何曜日に入ってるの?」

「お店って何時から何時まで?」

「今月はあと何日入るの?」

相手のスケジュールを聞くことで、次に指名しようかどうか考えている空気感がでます。

特に今後の入店予定日を確認することは重要です。

「もしかしたらリピーターになってくれるかも」と思ってくれれば、こちらの要望にも応えてもらいやすくなります。

最終手段

ここまできてNGだった場合は最終手段です。

ずばり追加料金を払って本番させてもらいましょう。

 

目安としては5千円~1万円ぐらいでしょうか。

「追加でお金払うからお願い」と頼み込むんです。

 

店側としては本番を禁止してるので、ここでもらったお金を店に報告することはできません。

払うお金は全て彼女たちのポケットマネーになるわけです。

 

追加料金での交渉はかなりの威力を発揮しますよ。

これでダメだったら、残念ですが諦めましょう。

デリヘルでの童貞卒業の仕方・まとめ

デリヘルで本番をするために最も重要なのは、女の子の好かれることです。

そのために大切なのは一にも二にも清潔感。

とにかく部屋をキレイに、そしてあなた自身の身なりもきっちりしておきましょう。

 

あとは謙虚な態度でいることが必須です。

上から目線で接しても、女の子にウザがられるだけです。

 

要は普通の女の子のように扱えばいいんですよ。

これを『風俗嬢』と思うから、変な傲慢さがでちゃうんです。「こっちは客だろ」的な。

優しく接して、ぜひ、童貞卒業を成功させてください。