出会い系で女性と会うまでの流れ

出会い系で女性と会うまでのコツ

出会い系で知り合った女性と実際に会うまでには、一つ一つ段階を踏まないといけません。

  • プロフィールの作成
  • ファーストメールの送信
  • メル友になってLINEを交換
  • タイミングを見計らってデートに誘う

プロフィールの作成とファーストメールの送り方については、以前の記事でご紹介しました。

今回は、メールを送った女性と会うまでの流れと、仲良くなるコツをご紹介します。

私の過去の体験談を踏まえて説明していきますので、これから出会い系を始めようとしている人は役に立つ思いますよ。

 

特に次の項目に当てはまる人、

  • 初心者なので会うまでに何をしたらいいか分らない
  • メール交換しても長く続かない
  • デートに誘うまでの具体的な流れを知りたい

このような悩みを持っている人は、ぜひ、参考にしてください。

デートにこぎつけるまでの流れを一つ一つ説明しているので、活用してもらえれば幸いです。

出会い系で知り合ってから会うまでにかかる期間は?

男の立場からすると、知り合った女性とはすぐにでも会いたいですよね。

しかし物事には順序というものがあります。

まだ知り合って間もないのにデートに誘っても「そんな軽い女じゃない!」なんて断られてしまいますよ。

 

ちゃんと段階を踏んでいきましょう。

がっつき過ぎると相手から引かれてしまいます。

会うまでの期間は人によってそれぞれ、2~3週間を目安に

「焦ってはダメ」と聞くと、次に思うことは「それならどれぐらい日が経てばいいの?」ということでしょう。

でも女性によって考え方は違うので、会うまでにかかる期間は本当にバラバラです。

「良さそうな人だったらすぐに会う」

と言う人もいれば

「お互いのことをちゃんと分かってからじゃないと会わない」

という人もいます。

 

これだけは相手の反応を見ながら判断していくしかありません。

 

ちなみに今までの私の経験で言うと、だいたい2~3週間ぐらいで誘うことが多かったです。

逆に一ヶ月以上経っても会おうとしない女性は、結局、ダメになるケースが多いです。

 

向こうだって恋人を探しているんですから、こちらに興味があるなら会いたいと思うはず。

なのに会おうとしないのは「メル友ぐらいだったらいいけど、会いたいと思うほどじゃない」と思われているんです。

断る理由もないので、ズルズルと引っ張ってるだけです。

 

女性は男と違って利用料がタダなので、会うつもりがないのにメル友の関係を続ける人が結構います。

一ヶ月以上たってもあいまいな態度を取られ続ける場合は、一度、関係をハッキリさせた方がいいでしょう。

女性の気持ちは時間をかけすぎると冷めてしまう

女性はすぐに会おうとしてくる男性を嫌います。

なので、デートに誘うのはある程度、日数が経ってからにした方がいいです。

 

しかしそう言うと、今度は日にちをかけすぎてしまう人も出てきます。

急ぎ過ぎはNGですが逆に慎重になりすぎてもダメですよ。

 

人間には慣れというものがあります。

最初は新鮮に感じていた関係も、時間の経過とともに慣れて冷めてしまうんです。

 

相手に合わせようとするのはいいですが、消極的になってしまうのは考え物。

一ヶ月も二カ月も二人の関係が進展しないままでいると、相手も飽きてきちゃいます。

 

先ほども言いましたが時間をかけるにしても、長くて一ヶ月です。

新鮮さがあるうちにアプローチをかけていきましょう。

デートに誘うまでの流れ

女性と会うまでの流れをざっくり分けると

  1. サイトのメッセージ機能を使って連絡を取りながら距離を縮める
  2. 相手がこちらに興味を持ち始めたらLINEの交換を勧める
  3. LINEを交換したら、日常的に連絡を取り合ってさらに距離を縮める
  4. タイミングを見計らってデートに誘う

以上の4つに分けられます。

では、それぞれについて説明していきますね。

女性との距離を縮めるメッセージの送り方

女性との距離を縮めるために大切なのは「肯定」と「共感」です。

常にこの2つを心がけてください。

女:仕事でヘマしちゃった。凹む~

男:大変だったね(汗)そういうときは寝て忘れちゃいましょう(笑)

女:うぅ・・寒くて動けない。仕事行きたくない

男:ほんと超寒いよね。僕も仕事サボりたい

常に女性の意見に賛同して、理解してあげようとする姿勢が大切です。

逆にやっちゃいけないのが「自慢話」と「説教」

「凹んででもしょうがないよ。気持ちを入れ替えて頑張れ!」

「行きたくなくても行かなきゃね。社会人だからしょうがない」

こんなことは言っちゃダメですよ。

わざわざネットにきてまで、上からものを言われたくはありません。

「この人とやり取りしても疲れるな」

そう思われてジ・エンドです。

 

距離を縮めたいのなら「肯定」と「共感」を意識する。

そして「褒める」。

これを心がけてください。

メッセージを送る回数の目安

早く仲良くなりたい気持ちから、つい何回もメッセージを送りたくなりますが、連投は控えましょう。

送信回数は相手のペースに合わせるようにしてください。

向こうからの返事が届いたら、それについての返事をまた送る、という具合です。

 

立て続けに送るのはNGですよ。

催促をかけられているようでウザく感じます。

 

あと、即レスもできるだけやめた方がいいです。

相手がリルタイムでの返事を求めているなら別ですけど、そうじゃないのならちょっと時間を空けて返事をしましょう。

 

あなたにそのつもりはなくても、即レスは「私も急いで返事をしないといけないのかな?」と、相手に余計なプレッシャーを感じさせてしまいます。

それが続くと「この人とやり取りをするのは面倒くさいな」に変わっていってしまいます。

 

仲良くなっていけば、自然と女性からのメール回数は増えるし、レスポンスも早くなります。

それまでは相手のペースに合わせて送信するようにしてください。

LINE交換のタイミング

距離が近づいてきて、相手と打ち解けてきたらLINEの交換を勧めてみましょう。

交換するタイミングとしては

  • 女性の方からメッセージを連投してくる
  • 自分に対しての質問が多くなる
  • 即レスして来る回数が増える
  • タメ口で話せるようになる
  • 下ネタを普通に話せる

これらの様子が見られたら、好意をもたれている証拠です。

「よかったらLINEを交換しませんか?」と誘ってみてください。

 

LINEを交換すれば、リアルタイムでやり取りができるようになるので、2人の距離が一気に縮まります。

それにやり取りする内容も、生活感があらわれたものになりますからね。

「ただいま。そっちはもう仕事終わった?」

「おやすみなさい。明日は寒くなるそうだから気を付けてね」

よりお互いの理解を深めることができます。

そして引き続き「肯定」と「共感」を意識しながらやり取りを続け、相手の心をグッとつかみましょう。

LINEは無理に交換しなくていい

人によっては、実際に会うときまでLINEの交換はしない主義の人もいます。

そのときは無理して交換しようとせずに、引き続きサイメで連絡を取り合うようにしましょう。

 

ポイントは消費してしまいますが、そこで変にケチると女性の不信感をあおってしまいます。

「ポイントがもったいないからLINEの方がいい」なんてことは絶対に言っちゃダメですよ。

それは出会い系で女性に絶対に言ってはいけないキーワードの一つです。

ポイントの消費は男性側の都合であって、女性には関係ありません。

 

相手に負い目を感じさせて交換を迫っても、あなたの好感度が上がることは100%ないですよ。

女性から気に入られたいのなら、相手のペースに合わせてあげることは鉄則です。

断られないデートの誘い方

LINE、もしくはサイメを続けて二人の距離が更に縮まったら、いよいよデートに誘ってみましょう。

誘うときに気をつけて欲しい点は次の2点です。

近場で手軽な場所にデートに誘う

いくらネット上で仲良くなったとはいえ、初めて会うときは不安なものです。

特に女性はトラブルに巻き込まれやすい立場にあるので尚更です。

>「実際は変な人だったらどうしよう」

「会ってみて後悔しないかな」

この様な気持ちが、男性からの誘いを受け入れられない原因となっています。

 

ではこのような人からデートOKをもらうにはどうしたらいいでしょう?

その解決策は近場の手軽な場所へデートに誘うことです。

 

例えば、誘われた先が電車や車で何時間もかかるテーマパークだったとします。

カッツリ一日中、相手と一緒に居ないといけないわけです。

 

このようなお誘いを引き受けて、万が一、相手が自分と合わない人だったらどうですか?

今さら「OKしなきゃよかった」と思っても手遅れです。

デートが終わるまで我慢し続けなければいけません。

 

知らない相手とのがっつりデートはリスクが高いので、女性も引き受けにくいんですよね。

 

しかしこれが「近所のカフェでお茶しませんか?」だったらどうでしょう?

カフェぐらいだったら、一緒にいるのも短時間で終わります。

それに近場だったら、帰ろうと思ったらすぐに帰れます。

 

デートを引き受けるための心理的なハードルが低くなるわけです。

 

初デートは近場で手軽な場所に誘うようにしましょう。

変に気合を入れ過ぎると、逆に断られる確率は高くなります。

昼間の時間帯に約束する

男の立場からすると「あわよくば今夜はホテルに・・・」なんて気持ちから、ディナーに誘いたくなるかもしれません。

でも女性の立場を考えるなら、デートに誘うのは昼間の明るい時間帯にしましょう。

 

女性は初めて会う男性に対して警戒しています。

会うのが夜となると、ますます警戒するわけです。

 

相手だってバカじゃないんですから、こちらの下心なんて見透かされますよ。

夜に男と会えば、ホテルに誘われるという流れも想像します。

そう簡単にこちらの思惑に引っかかったりはしません。

 

昼間で人目の多い場所に誘った方が、女性は不安もなくなりOKしやすいです。

夜に誘うのはせめて2度目以降にしましょう。

相手の気持ちを考えるのが第一です

女性との距離を縮めるためには、相手の気持ちを優先することが大切です。

  • もっとたくさんメールを送りたい
  • もっと自分のことを語りたい
  • デートはお酒が飲めるところがいい

自分の気持ちを優先させたいのは分りますが、それでは相手は離れていってしまいます。

ここはグッとこらえて、女性のことを第一に考えましょう。

 

初めて女性とつながりが持てたときは、嬉しさのあまり自分の都合を押し付けてしまいがちです。

私も過去に、相手からの返事が欲しくて立て続けにメール攻撃をしてしまったことがあります。

結局ウザがられて、女性から返信が来ることはなくなりました。

 

「少しでも多くメールのやり取りをしたい」と思っているのはあなだだけです。

相手の女性は、まだ品定めしている段階なんですよ。

好印象を持ってもらえるように、そこは冷静に判断していきましょう。

  • メールの回数は相手に合わせる
  • 文章の内容は相手の興味に合わせる
  • デートは女性が安心できるところに誘う

これが女性をデートに誘うときの一番のコツです。

レディーファーストを意識すれば、デートをOKしてくれる確率はグッと上がります。